カーコーティング

ARAWANAオリジナルコーティングの開発

導き出した汚れないためのコーティング

<1> 塗装の美しさを硬度な被膜(珪素ガラスやセラミック)のベースコートで守る
<2> 防汚力のある(フッ素樹脂や無光触媒)トップコートでベースコートを保護
<3> トップコートに犠牲膜を施し、定期メンテナンスで犠牲膜を入れ替える

このシステムを可能にするため、溶剤メーカー様協力の下長い時間とテストをかけ、
自信をもってオススメするARAWANAオリジナルコーティングシリーズが完成しました。
愛車の保管・使用状況、ご予算に合わせて、最善のコーティングをセレクトいたします。

コーディングラインナップ

活性イオン水+特殊鉱物石を配合した、特殊イオンプライマーコートで、ベースコート塗布面の安定定着を可能にします。
珪素分子(ガラス)が塗装分子とイオン結合することにより、独自の珪素(ガラス)結合膜層を作ります。
コーティング層の劣化によるウォータースポットや、塗面自体の酸化を抑制いたします。また、有機系溶剤や、 バイダーを含みませんので、近頃に多い水性塗料系の塗装にも、安定した効果を発揮いたします。
トップコートには、フッ素系渇水剤と光沢剤をブレンドした防汚力のあるコート剤を施工いたします。

AC-C2ガラスコーティングをベースコートとして施工いたします。
酸化チタン光触媒+特殊セラミック空気触媒を
ガン吹き施工でトップコートいたします。
最先端の無光触媒コートは、光のないところでも触媒作用を発揮する、
防汚効果が抜群のトップコートです。
セルフクリーニング(自己洗浄能力)に大変優れた効果を発揮いたします。

ガラスよりも高度なセラミック被膜で、
塗装面を強固に保護するベースコートを2層で施工し、
深みのある艶に仕上げます。
トップコートに独自配合技術のセラミック+フッ素配合コートで、
防汚力のUPはもちろん、
UVカット効果にも大変優れているため、塗装の色あせも防ぎます。

【AC-GW】料金表
【AC-GT】料金表
【AC-C3】料金表
※ 新車・経年車ともに、ボディーの状態を確認し、お見積もりをさせていただきます。
※ 新車コースは初年度登録から3ヶ月以内、または3,000km以内が基本となりますが、 スクラッチ傷やシミ等が見受けられる場合は、別途お見積もりいたします。
※ 新車XLサイズは、別途お見積もりをさせていただきます。
※ 経年車コースの料金は、基本の目安金額になります。鉄粉の付着やシミの状態、ならびに傷の付き具合により金額が変わりますので、 ボディーの状態を確認し別途お見積もりさせていただきます。
車の体積
施工料金は、お車の(全長)×(全幅)×(高さ)を元に算出しております。
お持ちの車検証にて、確認させて頂きます。詳しくは担当スタッフにお問い合わせ下さい。
車種サイズを計測

車種サイズを計測し6種類に分類!!
室内は車内空間の大きさによって4種類に分けています。


SS S M L LL XL
コペン、IQ、ニッセなど パモス、Fit、ワゴンRなど フィールダー、イストなど シーマ、ノア、ハリアーなど アルファード、MPVなど ランクル200、アストロなど
SS 8㎥未満 S 8㎥以上10.1㎥未満
M 10.1㎥以上12㎥未満 L 12㎥以上14.9㎥未満
LL 14.9㎥以上17.2㎥未満 XL 17.2㎥以上

スケッチをプレゼント

当店の感謝の気持ちを込めて、お客様の車両のスケッチイラストをお贈りさせていただきます。
心ばかりの品ですがお気に召していただければ幸いです。

施行の流れ

納車・ボディ

まずは洗車をしてボディーの下地作りを行います。
鉄粉と水垢を残さず取り除いていきます。
ボディーを隅々まで洗浄し、ホコリや汚れを洗い流します。
ボディー表面の鉄粉を指先と目でしっかりと取り除き、 細部の水垢や油汚れを洗い流します。

ボディの状態をチェック

下地が出来上がったら、磨き作業の前にボディーの状態をチェックします。塗装の厚さを測定し、ボディーのシミや傷の状態を確認します。
光を当てながら、ワンパネルごと、くまなくチェックを入れ、 磨き箇所のポイントを探っていきます。

磨き作業

磨き作業です。
ギアポリッシャーで傷やシミを取り除き、ダブルアクションポリッシャーで仕上げます。
磨き過ぎに細心の注意を払って、最高のツヤへと導きます。
深いキズはポイントを絞って、シングルポリッシャーで取り除き、再度同じ工程で仕上げていきます。

脱脂作業

磨き作業が終わったら、高圧ガンでコンパウンドのカスを取り除いて脱脂作業を行います。
余分な油分がある事で、コーティングの定着が損なわれるため、ワンパネルごとしっかりと作業を行います。

コーティングの塗りこみ作業

コーティングの塗りこみ作業です。
ベースコート、トップコート共に、ムラがない様、注意しながら、スピーディーに作業を行います。
そしてコーティングの硬化を促進させるため、ハロゲンヒーターでボディー全体を暖めます。

作業完了

以上で作業完了です。深みのあるツヤのボディーになりました。

トップへ